財産の種類

相続の対象となる財産について

ここではよく相続財産の対象になるものを中心にご紹介したいと思います。

預貯金、土地、株式、さらに車や家具以外にも、実は相続財産はこれらだけでなく、実に多岐に渡ります。

プラスの財産(資産)

○現金、建物、土地、貴金属、車、家具など目に見える財産

○預貯金、有価証券(株式、国債、地方債、社債、手形)、貸付金などの金銭債権

○生命保険金

被相続人が保険料等を負担している場合は、相続財産に含まれます。

○賃貸借権

被相続人が住居を借りていたケースでは、その賃借権は原則、相続されます。

ただ、個々の契約や継承する人の地位により、必ずしもすべて相続の対象になるとは限りません。

○損害賠償請求権

交通事故が原因で亡くなられた被相続人場合、病院の費用、もし死ななければ取得できたであろう収入(死亡による逸失利益)、慰謝料(加害者に対する被相続人のもの)などの損害賠償請求権は相続の対象になります。

 

マイナスの財産(負債)

借金などの債務も原則として相続され返済義務が生じてしまいます。

 

遺産に該当しないもの

○死亡退職金、遺族年金など

退職金、遺族年金などの権利は、特別な理由がない限り相続財産に含まれません。

これは配偶者などが最低限の生活が送れるようにするためです。

○社員権(株主権)

会社における株主の地位などの株主権、また会社に占める地位は相続の対象になります。

ただ合名会社の社員権、合資会社の無限責任社員の社員権は原則、相続の対象となっておりません。

○祭祀財産(墓地、墓石、仏壇などの祭具)

被相続人からの指定がある場合はその者が、ない場合は慣習に従って祭祀を主宰する者が継承します。

※遺骨も同様です。

 

その他に「これ、相続の対象のなるのかな」など疑問をお持ちの方がいらっしゃいましたら、気軽にご相談ください。
 


無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP