相続財産はどれ?

何が相続財産にあてはまるのか?

相続財産のチェック

相続人を確認した後、行わなければならないのが相続財産の確認です。

まずは被相続人の遺産をチェックします。

銀行の預貯金、自動車、債権証書、有価証券など様々あるでしょう。また不動産や骨董品なども含まれます。ありとあらゆる物をチェックしてください。

種類 評価 必要書類
預貯金 ・相続開始日までの預金残高

・遺産分割協議書

・除籍謄本 (被相続人)

・戸籍謄本 (相続人)

・印鑑証明 (相続人全員)など

不動産(土地建物)

・土地は『路線価方式』又は『倍率方式』

・建物は家屋固定資産税評価額×一定の倍率

・土地建物所有権

 移転登記申請書

・除籍謄本

・戸籍謄本

・住民票など

農地山林 ・固定資産税評価額×一定の倍率など ・土地建物と同じ
自動車  

・移転登録申請書

・除籍謄本

・戸籍謄本など

有価証券 ・上場株(相続開始日の終値評価など)  
家庭用財産 ・家具、家電などは調達価格  
骨董品など ・専門家による鑑定評価  
事業用財産

・売掛金・貸付金

(相続開始日までの元本と利子)

・債務者に残高確認
みなし財産

生命保険金※被相続人が保険料等を負担しているもの

死亡退職金※会社の就業規則を遵守するので相続財産に入らない場合もある

 
生前贈与 ・相続開始前3年以内に被相続人から贈与を受けている場合、その贈与も相続財産に含めます。

これらが財産となりうるものです。

 

その他、財産に関する豆知識

実は財産にも相続人にとってプラスになる財産、マイナスになる財産が存在します。

また相続財産に該当しないものもありますので、注意が必要です。

>>財産に関してより詳しく知りたい方はこちら

また、上記した財産を整理していくことは簡単ではありません。

財産の額が多ければ多いほど整理が煩雑になってきます。

そんな財産を整理していくときに活用すると良いのが、財産目録です。

財産目録とは相続財産を記入するための書類のことです。

>>財産目録をより詳しく知りたい方はこちら


無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP