相続税精算課税制度とは

多額の贈与を考えている方は相続税時精算課税制度を利用すると良いでしょう。

相続時精算課税制度について

この制度は、生前贈与によって財産を贈与される場合に、相続時に贈与財産と相続財産を合計した金額を基に計算された相続税額から、既に納付している贈与税を控除するという制度です。

式)相続税={(贈与財産+相続財産)×税金(%)}-贈与税

簡単にいえば、贈与税と相続税が一体化されているため、贈与を受けた財産が相続税の計算の際に加算されます。

既に納付した贈与税については、相続税から差し引かれるので2重課税はありません。

相続時精算課税制度のメリット

では、どのような際にこの制度を利用するとメリットがあるのかというと、

アパートやマンションなどの収益を生み出す物件を贈与すれば、賃料収入などの贈与後の収益はすべて贈与を受けた方のものになり、相続財産から外すことができます。

また、相続財産に合算する贈与財産の価格は、贈与時が基準なので将来値上がりが予想される財産を贈与すれば、値上がり分に対する相続税も支払わなくてよいのです。

当サポートセンターでも相続税についてアドバイスさせていただくことが可能です。

相続の無料電話相談も実施しております。

詳しくは経験豊富な税理士にぜひご相談ください。


無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP