単純承認

相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法を単純承認といいます。 

相続開始を知った時から3ヶ月以内(熟慮期間とも言います)に限定承認・相続放棄の手続きをとらない場合、自動的に単純承認となります。

しかしながら、相続開始を知らなかった場合は、相続人に単純承認の意思があったものと認める理由がないため、単純承認したものとは、認められません。

 

単純承認したことになる一般的なケースは以下の3つになります。 

1.相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき。 

2.相続人が相続開始を知った時から3ヶ月以内に限定承認又は放棄をしなかったとき。 

3.相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私的にこれを消費し、又は悪意でこれを財産目録に記載しなかったとき。 

 

これらの場合は、相続する意思がたとえなかったとしても、自動的に単純承認になりますので注意が必要です。 
 


無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP