相続人は誰?

相続の開始はまず、相続人を確定することです。

相続人が確定しないと相続を行うことができません。

 

相続人を確定するには、戸籍収集をする必要があります。

戸籍収集と一言で言っても、1.戸籍謄本、2、除籍謄本、3.改製原戸籍謄本と3種類もの戸籍を集める必要があります。

>>戸籍収集に関する詳しい内容はコチラ

 

戸籍の収集が終わると、続いては相続人関係図を作成します。

相続人関係図とは、相続人と被相続人の関係性を表わした家系図のようなものです。

この相続人関係図を作成することで、相続人が誰なのかを明確にすることができます。

>>相続人関係図に関する詳しい内容はコチラ

 

そして基本的には、民法で定められた相続人に一定の割合で財産が相続されます。

遺言が残されていた場合を除いては、基本的に法定相続分により相続します。

>>法定相続分による相続に関する詳しい内容はコチラ


無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP