遺言書の検認

自筆証書遺言と秘密証書遺言の場合には「検認」の手続きが必要になります。検認とは簡単に言うと、遺言の形状、加除・訂正の状態、日付、署名など遺言の内容を認定して、遺言書の偽造を防ぐ手続きです。

封印された遺言書は家庭裁判所の検認手続きの中で開封され、勝手に開封すると過料の制裁を受けることがあります。

検認における注意点

こうした手続きが終了するまで1ヶ月ほど時間を要することから、遺言の内容が実現されるまでに既に終了してしまう手続きもあります。

たとえば、葬儀に関する希望を書いたとしても、遺言の検認が終わるころにはすでに葬儀は終了していますので、被相続人の希望どおりにならないケースもあります。

このように自筆証書遺言は、せっかく作成した遺言が無効になったり紛失したりするケースが多いので、作成および保管方法にはくれぐれも注意しましょう。


無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP