秘密証書遺言とは

秘密証書遺言の最大の特徴は、遺言の内容を遺言者以外に知られることなく作成できる点です。

一方、遺言の存在自体は公証人に確認してもらうため、偽造などの危険性が低くなります。

また、自筆である必要はありませんので、字がかけない方でも作成することができます。ワープロでの作成や他の方の代筆も可能です。

ただし、公証役場で保管まではしてくれませんので、遺言書が発見されない可能性もあります。ご不安な方は公正証書遺言をオススメいたします。

秘密証書の作成

秘密証書遺言は、自筆証書遺言と違ってワープロを使用したり、代筆による作成も可能なため、比較的簡単に作成できます。(自筆で署名。押印は必要です。)

遺言者は遺言書を封筒に入れ、遺言書に押印した印鑑で封印します。そして公証役場に行き、公証人と2人以上の証人の面前で封書を提出し、遺言者であることを申述します。代筆した場合は筆者の住所、氏名も述べます。

公証人が証書の提出された日付と遺言書の申述を封書に記載した後、遺言者および証人がともに署名・押印すれば、秘密証書遺言の完成です。

公証人の手数料、証人の依頼代などが必要となりますが、公正証書遺言よりは安価で作成できます。

公証役場で遺言書の保管までは行ってくれませんので、遺言書の紛失・隠匿は防止できません。

>>公正証書遺言に関してはコチラをご覧ください。


無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP