自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは一番手軽に作成できる遺言書です。

遺言の全文、日付、氏名を自署し、これに押印することによって成立します。

遺言書の内容は相続人の損得に関係してきますので、遺言書が発見された場合、偽造される危険性があります。保管場所には十分気をつけましょう。

また一方で、自身で管理することで保管場所がわからなくなり、紛失するケースもありますので、注意しましょう。

よくある保管場所としては銀行の貸金庫があります。死後に相続人による財産調査のため直ちに見つかる場所かつ、生前は本人しか開閉することができないため、保管場所に適しています。

作成のメリット、デメリット

メリット

時間、手間・暇、費用がかからない。

1人で作成ができる。(証人がいらない)

紙・ペン・印鑑があればどこでも書くことができる。

デメリット

第三者に偽造される危険性がある

紛失する可能性がある

作成時の注意事項

意味が何通りかとれる言葉は避けましょう。

意味の取り違いによるトラブルが起こる可能性があります。したがって、自筆証書遺言を書かれる場合にも、内容は専門家に確認された方がよいです。

偽造を防ぐには

検認手続きを行うことで、遺言書の偽造を防ぐことができます。

検認手続きをすることで、相続人に遺言書の存在と内容を知らせ、現在における遺言書の状態を明確にします。

この手続きにより遺言書の存在と内容を認定し、その後偽造されることを防ぐことが可能なのです。

この検認手続きには1ヶ月ほどの期間がかかります。

自筆証書遺言作成の流れ

①遺言書の内容を決定

②文例を参考にして、下書きを作成

③紙、ペン、印鑑、封筒を用意↓

④遺言書を書く

⑤日付、署名・押印

⑥間違いがないか確認

⑦遺言書を綴じる

⑧封書に入れ、封印

⑨遺言書を保管


無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP