みなし財産にも相続税がかかります

みなし財産とは、死亡保険金や死亡退職金などのように、被相続人の死亡を原因として相続人がもらえる財産のことです。生前に持っていなかった財産であったとしても、相続財産とみなされて相続税がかかります。

みなし財産としてよく取り扱われる次の通りです。

死亡保険金

生命保険金、損害保険金など

死亡退職金

退職手当金、功労金など

その他

定期預金に関する権利、その他遺言によって受けた経済的利益、生命保険に関する権利、定額譲渡により受けた利益など

ただし、死亡保険金や退職金には非課税限度額があるので、金額が相続財産になるわけではありません。

500万円×法定相続人の数これを超えると、相続財産とみなされ、相続税の対象となりますので対策が必要です。

みなし相続財産について、何が該当するのかを理解すること容易ではありません。ぜひ、専門家に相談することをおすすめいたします。

 

当サポートセンターでも相続税についてアドバイスさせていただくことが可能です。相続の無料電話相談も実施しております。詳しくは経験豊富な税理士にぜひご相談ください。

相続税申告の品質保持

当サポートセンターでは相続税申告に関して、以下のような品質保持を約束致します。

現地調査を必ず実施しています!

実際に土地、建物のある現場を見に行くことで、土地の評価を下げるポイントが見つかります。当サポートセンターでは必ず現地調査を行い不整形地などの発見に努めます。

更に、測量図と実際の土地が合っているかを図り直し、確認をしています。

実際の税務調査でチェックされるポイントを押さえて申告書作成を致します。

最低でも過去3年分はさかのぼって預貯金などを確認します。

したがって、例え申告後に税務調査が入ったとしても臆せず対応することが出来ます。

相続税申告後は高い割合で税務調査が入ります。安心して対応していただけるような相続税申告に努めます。

税務署に対して調査資料を最低でも50枚は提出します!

税務署に対して、しっかりとした調査をした上で申告をしていることをアピールすることが出来ます。

それにより税務調査の入る確率を減らすことが出来ます。

広大地評価をすることで、大きく土地の評価額を下げることができます

税務署は節税をするためのアドバイスをしてくれるところではありません。

税務署は出された申告書類の内容が正しいか、正しくないかを判断することが仕事なので、

税金を減らすための指導はしてくれません。

また当然のことながら二次相続のことまでを考えてくれるわけではありません。

それであれば、税理士に依頼してしっかりと節税のアドバイスをもらってください。

無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP