相続税の申告と納付

相続税が発生する場合、

相続税の申告・納付には期限が定められており、どちらも

相続開始があったことを知った日(通常は被相続人が死亡した日)の翌日から10ヶ月以内

までに行わなければなりません。今のうちから「相続税の申告と納付」について知っておき、いざとなった際に何事も無く対応できるようにしておきましょう。

 

相続税の申告をしなかった場合

相続税の申告を怠ると、本来支払う相続税とは別に罰として加算税が課されます。

申告期限を過ぎてからの申告を行った場合、無申告加算税を支払わなければいけません。

遺産分割が途中の場合でも、申告は期限までに行わなければなりません。

受け継ぐ財産がわからなければ、相続税もわからないので申告しなければ良いというわけではありませんので注意しましょう。

 

相続税の申告について

申告納税方式

相続税は「申告納税方式」ですので、申告をする人自らが、相続税法に従って計算して申告しなければいけません。税務署の方から請求されるわけではないので、注意しましょう。

申告書の提出先

申告書の提出先は被相続人の死亡時における住所地を管轄する税務署になります。申告義務者の住所地の所轄税務署ではありませんので、注意しましょう。

備考

胎児が相続した財産に相続税が課される場合、後日生まれた時点で申告を行う必要があります。注意しましょう。

 

相続税の納付について

原則現金一括納付

相続税は原則として納付期限までに全額を現金で、それも一括で納めなくてはいけません。

相続税の納付先

所轄税務署のほか、最寄の金融機関などの窓口でも納めることが可能です。

注意事項

仮に期限までに申告したとしても、納付を忘れてしまうと延滞税というものが課されます。

余分な税金を払わなくても済むように、必ず納付期限までに納めましょう。

 

期限内に相続税を完納できない場合

「延納」と「物納」という制度を活用することができます。

延納

納付期限までに延納申請をすることにより、5年~20年の年賦で分割して納めることができるという制度。

物納

延納によっても現金で納付するのが難しい場合、不動産物件や国債・地方債等のモノで納めることができる制度。

相続税については安易に申請を行うのではなく、1回で全て支払えるように、事前に相続税の対策や納付準備をしておきましょう。

 

当サポートセンターでは相続税申告についてアドバイスさせていただくことが可能です。

相続の無料電話相談も実施しております。詳しくは経験豊富な税理士にぜひご相談ください。

 

相続税申告の品質保持

当サポートセンターでは相続税申告に関して、以下のような品質保持を約束致します。

現地調査を必ず実施しています!

実際に土地、建物のある現場を見に行くことで、土地の評価を下げるポイントが見つかります。当サポートセンターでは必ず現地調査を行い不整形地などの発見に努めます。

更に、測量図と実際の土地が合っているかを図り直し、確認をしています。

実際の税務調査でチェックされるポイントを押さえて申告書作成を致します。

最低でも過去3年分はさかのぼって預貯金などを確認します。

したがって、例え申告後に税務調査が入ったとしても臆せず対応することが出来ます。

相続税申告後は高い割合で税務調査が入ります。

安心して対応していただけるような相続税申告に努めます。

税務署に対して調査資料を最低でも50枚は提出します!

税務署に対して、しっかりとした調査をした上で申告をしていることをアピールすることが出来ます。

それにより税務調査の入る確率を減らすことが出来ます。

広大地評価をすることで、大きく土地の評価額を下げることができます

税務署は節税をするためのアドバイスをしてくれるところではありません。

税務署は出された申告書類の内容が正しいか、正しくないかを判断することが仕事なので、

税金を減らすための指導はしてくれません。

また当然のことながら二次相続のことまでを考えてくれるわけではありません。

それであれば、税理士に依頼してしっかりと節税のアドバイスをもらってください。


無料相談実施中!

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声

PAGE TOP